外国人観光客も一服を楽しんだ金沢城・兼六園大茶会=兼六園時雨亭

外国人観光客も一服を楽しんだ金沢城・兼六園大茶会=兼六園時雨亭

石川県 金沢市周辺 祭り・催し

金沢城で大茶会 茶の湯文化に触れる秋

北國新聞(2019年10月13日)

 秋恒例の大寄せ茶会「金沢城・兼六園大茶会」(石川県茶道協会、北國新聞社など主催)は12日、金沢市内中心部で3日間の日程で始まった。初日は台風19号の接近で悪天候に見舞われたものの、来場者は各社中のもてなしを楽しみ、藩政期から培われた奥行きのある茶の湯文化に触れた。
 兼六園時雨(しぐれ)亭(てい)は、裏千家井奈(いな)宗孝社中が担当し、兼六園が備える六つの美の一つ、「蒼古(そうこ)」の銘入りの茶杓で、外国人観光客を含む来場者をもてなした。
 ニュージーランドから訪れたキャメロン・マクファーソンさん(38)は、ラグビーW杯のTシャツ姿で一服を堪能した。12日に豊田スタジアムで行われる予定だったニュージーランド対イタリア戦を観戦するために来日したものの、台風で試合が中止になり、予定を変更して金沢を訪れた。
 茶席から見える名園の庭を眺めながら抹茶を味わったマクファーソンさんは「インタレスティング(興味深い)」と笑顔を見せた。
 金沢21世紀美術館松涛庵、松風閣、中村記念美術館耕雲庵にも茶席が設けられた。大茶会は14日までで、各日午前9時~午後3時に開かれる。茶席券は3席セット券3500円、1席券1300円。伊藤園と、めいてつ・エムザが協賛している。

金沢市周辺 ニュース