田んぼで羽を休めるハクチョウ

田んぼで羽を休めるハクチョウ

富山県 黒部・宇奈月・新川 アウトドア・レジャー

はや飛来 入善にハクチョウ

北日本新聞(2019年10月17日)

 7羽のハクチョウが16日朝、入善町田ノ又の田んぼに飛来した。仲むつまじくもみ殻をついばむ様子が周辺住民の話題になった。

 同日午前7時ごろ、近隣住民が発見した。大きさなどからコハクチョウとみられる。同所の飛田洋志さん(70)は「例年11月ごろに飛んでいるのを見ることがあるが、今の時季にこうして集まっているのは珍しい」と目を細める。

 県自然博物館ねいの里の富永宣宏館長は「家族とみられ、南下する途中で羽を休めに来たのではないか」と話している。

黒部・宇奈月・新川 ニュース