もうすぐ見頃を迎えるバラ園=10月23日、福井県のレインボーライン山頂公園

もうすぐ見頃を迎えるバラ園=10月23日、福井県のレインボーライン山頂公園

福井県 敦賀・若狭 花・紅葉

三方五湖に漂う秋バラの香り レインボーライン山頂公園 福井

福井新聞(2019年10月25日)

 福井県の美浜町、若狭町にまたがる三方五湖有料道路「レインボーライン」山頂公園で、バラがもうすぐ見頃となりそうだ。現在は赤、ピンク、黄などの品種が7分咲きの状態。品種によって開花時期が異なるため、11月中旬まで楽しめるという。

 バラ園は三方五湖にちなんで名付けた「日向」など五つのエリアに分かれており、合計で110種600株が植えられている。開花は春と秋で、年2回楽しめる。

 秋のバラは、春よりも香りが強く、花びらの色も濃いのが特徴。現在は「日向」「三方」エリアを中心に、深い赤色のレッドキャスケードや、黄色のゴールドバニー、薄いピンク色のマチルダなどが開花し始めており、11月初旬に満開を迎えそうという。

 フランス産の品種が多く植えられている「水月」エリアのバラは開花が遅く、11月中旬に見頃となる見込み。

 10月23日に敦賀市から親子3人で訪れた女性(79)は、「甘い香りが漂っていて、癒やされますね」と話していた。

 レインボーラインでは11月24日まで「ローズフェア」を開催している。山頂公園の和風カフェなどで、バラ風味のロールケーキやソフトクリームなどを期間限定で販売している。

敦賀・若狭 ニュース