県産食材を使った弁当や総菜を買い求める来場者でにぎわう会場

県産食材を使った弁当や総菜を買い求める来場者でにぎわう会場

富山県 祭り・催し アウトドア・レジャー グルメ 特産 麺類 スイーツ

山海の幸、勢ぞろい 富山で食の王国フェスタ

北日本新聞(2019年10月27日)

 富山の食の魅力を発信する「越中とやま食の王国フェスタ2019~秋の陣」が、富山市友杉のテクノホールで始まった。「ひろげよう とやまの美味(おい)しい『わ』(和・輪・話)」をテーマに、県内各地の新鮮な野菜や海産物、富山米の新品種「富富富(ふふふ)」を使った郷土料理が並び、大勢の来場者でにぎわった。27日まで。

 ベニズワイガニをブランド化した「高志の紅(あか)ガニ」などを販売する「富山の『幸』市」、野菜や果物が並ぶ「王国旬菜市場」などに121団体がブースを設けた。郷土料理のバイ飯やカニわっぱ飯、富山市内11店舗のますずしが並んだ「とやまグルメコーナー」には長い行列ができた。

 ステージでは、イノシシ肉を使ったレシピを競う初めての「夏ジビエ レシピコンテスト」の表彰式を開催。富富富を使ったますずし作りなどが体験できる「富山食楽工房」も人気を集めた。農林漁業分野の県部門功労表彰と県農林漁業振興会長表彰もあった。

 県や富山市、県JA中央会、県漁連、北日本放送、北日本新聞社などでつくる実行委員会主催。27日は午前10時~午後4時。ビンゴ大会や餅つきの実演などを予定している。

富山県 ニュース