ハロウィーンの衣装を着て怪物くんと記念撮影する親子

ハロウィーンの衣装を着て怪物くんと記念撮影する親子

富山県 富山・八尾 祭り・催し アウトドア・レジャー

怪物くん文学館に登場 ハロウィーン衣装で交流

北日本新聞(2019年10月28日)

 氷見市出身の漫画家、藤子不二雄(A)さんの人気キャラクター「怪物くん」が27日、富山市舟橋南町の高志の国文学館に現れ、家族連れらが記念撮影などで交流を楽しんだ。

 文学館で開かれている藤子(A)さんの特別展に合わせたイベントで、怪物くんは前日の氷見市潮風ギャラリーに続いて、ハロウィーン柄のマントを身に着けて登場。子どもたちから「怪物くーん」と声を掛けられると、マントをひるがえすポーズで応えた。

 以前、潮風ギャラリーを訪れたことがきっかけで怪物くんのファンになったという射水市中太閤山小学校4年の沖田陽生君は弟の同校1年、樹君と父の陽一さん(47)と来館。「一緒に写真が撮れてすごくうれしい」と声を弾ませた。

 11月3日には「忍者ハットリくん」が来館。怪物くんは潮風ギャラリーに登場する。両施設とも午前11時、午後1時、2時、3時からで、各回15分ほど。いずれも入館料や観覧料が必要。問い合わせは同ギャラリーが電話0766(72)4800、文学館は076(431)5492。

富山・八尾 ニュース