くす玉を割り、神戸線就航を祝った記念セレモニー=松本市の県営松本空港

くす玉を割り、神戸線就航を祝った記念セレモニー=松本市の県営松本空港

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

神戸からようこそ信州へ 松本空港で就航記念セレモニー

信濃毎日新聞(2019年10月28日)

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が松本―神戸線の運航を始めた27日、県や市町村などでつくる信州まつもと空港利用促進協議会は松本市の県営松本空港到着ロビーで記念セレモニーを開いた。くす玉を割って祝い、神戸からの客に記念品などをプレゼントした。

 セレモニーで、FDA常務の高橋信さん(65)は「旅行やビジネスでの皆さまのご利用を心よりお待ちしております」とあいさつ。小岩正貴副知事(神戸市出身)は「基幹路線として定着できるよう、県としてもしっかり取り組む」と強調した。

 定員84人に対し、乗客64人を乗せた神戸からの初便は午前10時46分、予定より9分早く化学消防車が放つ水のアーチをくぐって到着。乗客には県のPRキャラクター「アルクマ」の缶バッジや県内の菓子を渡して歓迎した。

 FDAによると、初便は神戸の搭乗施設を離れてから、松本の施設に着くまでの所要時間が49分だった。家族旅行の下見で利用したという神戸市の会社員女性(49)は「かなり遠いイメージがあったけれど思ったより近い」と驚いた様子。空港周辺の公園を見たり、信州の観光パンフレットを手に入れたりする計画で「来年には家族で訪れたい」と話していた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット