駒ケ根市内で撮影した写真をインスタグラムで発信している訓練生

駒ケ根市内で撮影した写真をインスタグラムで発信している訓練生

長野県 伊那路 アウトドア・レジャー その他

JICA訓練生、インスタ発信 駒ケ根の魅力、国内外にPR

信濃毎日新聞(2019年10月31日)

 駒ケ根市の国際協力機構(JICA)駒ケ根青年海外協力隊訓練所の訓練生が、写真共有アプリ「インスタグラム」で駒ケ根の魅力を発信し始めた。地域で活動する実践訓練の一環で、駒ケ根観光協会と連携する班のうちの10人。共有のアカウントをつくり、休日に訪れた市内の名所や食事の写真を投稿している。今後、外国語でも投稿して国内外にPRする。

 訓練生の目線で駒ケ根の良いところを発信しようと、若者に利用者の多いインスタグラムを活用した。光前寺の写真は「光苔(ひかりごけ)がとても神秘的」と投稿。「#御朱印」など幾つも検索用のハッシュタグを付け、多くの人の目に触れるよう工夫した。

 30日は中央アルプス千畳敷を訪れ、投稿用の動画も撮影。今後は訓練の様子も投稿し、後の訓練生にも引き継いでいくという。中米エルサルバドルに派遣予定の藤田紗矢香さん(27)=愛知県豊田市出身=は「豊かな自然や国際色豊かな祭り、人の優しさが駒ケ根の魅力。多くの人に伝えたい」と話していた。

伊那路 ニュース