ドラえもんの50周年企画展が開かれる「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」((C)藤子プロ)

ドラえもんの50周年企画展が開かれる「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」((C)藤子プロ)

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

ドラえもん原画展示 29日から高岡市美術館

北日本新聞(2019年11月1日)

 高岡市は、市出身の漫画家、故藤子・F・不二雄さんの代表作ドラえもんの50周年を記念し、今月末から市美術館内の藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーで企画展を開く。

 ドラえもんは1970年、小学館の学年別学習雑誌の1月号で連載を開始。読者の学年に合わせ、コマ割りやのび太たちの身長が異なるという工夫がされている。

 「学年別ドラえもん展-のび太と一緒に大きくなった私たち-」と題し、前期(11月29日~来年5月31日)と後期(同6月2日~11月23日)に分けて開催。各期とも雑誌に掲載された作品の原画30枚余りを展示するほか、オリジナルムービーの上映やグッズの販売も行う。

 ふるさとギャラリーは展示替えのため、25~28日に休館する。

高岡・氷見・射水 ニュース