猪名湖畔で赤、黄に染まったヤマモミジを撮影する観光客=1日、小海町

猪名湖畔で赤、黄に染まったヤマモミジを撮影する観光客=1日、小海町

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 花・紅葉

赤や黄、輝く猪名湖畔 小海で紅葉ピーク

信濃毎日新聞(2019年11月2日)

 小海町の松原湖を構成する猪名(いな)湖畔で紅葉がピークを迎えている。湖畔の観光関係者によると、松原湖は台風19号で大きな被害は受けなかったが、10月末まで客足が減少。紅葉とともに観光客が戻り、1日は色鮮やかに染まった木々や水面(みなも)を写真に収める人が多く見られた。

 ヤマモミジは濃い赤で目を引き、トチノキは日光を浴びて黄色い葉を輝かせていた。大阪府の男性(72)は写真愛好家20人ほどのバスツアーで訪れ「台風の影響はあまり感じられないし、葉が色づいていてよかった」。

 この日はJR小海線が全区間の運行を再開。湖畔で旅館を経営する町観光協会長の鷹野圭太さんは「再開は大きい」と喜んだ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット