陽光が差し込む乾燥棟で作られる干し柿=南砺市土生新

陽光が差し込む乾燥棟で作られる干し柿=南砺市土生新

富山県 砺波・南砺・五箇山 特産

干し柿のカーテン 福光、生産最盛期

北日本新聞(2019年11月10日)

 南砺市福光地域で特産の干し柿作りが最盛期を迎えている。同地域の生産農家では9日もカキが竹ざおにつるされ、秋の日差しに映えていた。

 同市土生新(はぶしん)の高瀬行雄さん(67)方では連日1500~2000個のカキを収穫。長男の裕行さん(35)ら家族や手伝いの人たちが、皮むきや乾燥棟につるす作業を行っている。25日間ほどで仕上がり、12月初旬から店頭に出回る。

砺波・南砺・五箇山 ニュース