火焰土器のレプリカに盛り付けた「にいがた縄文火焰蒸し」=ホテルニューオータニ長岡

火焰土器のレプリカに盛り付けた「にいがた縄文火焰蒸し」=ホテルニューオータニ長岡

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 グルメ

火焰土器で召し上がれ 新潟県産食材シューマイ 長岡

新潟日報(2019年11月14日)

 新潟県長岡市の馬高遺跡で出土した火焰土器をPRしようと、ホテルニューオータニ長岡(台町2)は、県産食材にこだわったシューマイ「にいがた縄文火焰蒸し」を開発した。栃尾産の古代米や大積産のタケノコなど、長岡を中心とした県産食材をふんだんに使用。宴会での利用に限り、火焰土器のレプリカに盛り付ける。

 2014年の全国植樹祭で長岡市を訪問された当時の天皇、皇后両陛下に提供した古代米シューマイを改良した。古代米とタケノコのほか、県産豚肉など素材の食感を生かしたあんを、県産の米粉、緑が映えるヨモギの皮で包んだ。佐渡産ベニズワイガニや、長岡産の食用菊「オモイノホカ」と白根産の「カキノモト」を載せ、彩りを添えた。

 火焰土器のレプリカは、火焰土器を展示する馬高縄文館や県立歴史博物館の協力で作製した。今後はテークアウトや、冷凍品の販売を検討している。調理顧問の大沢和人さん(62)は「長岡の宝である火焰土器や、生産者の思い、地元食材の魅力を感じてほしい」と話す。

 1人前3個入りで520円(税抜き)。ホテル内の日本料理「胡蝶」で提供する。普段はせいろを使い、ビュッフェスタイルでの宴会のみ火焰土器のレプリカを利用する。問い合わせは胡蝶、0258(37)2102。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース

長岡・寺泊・柏崎
イベント

長岡・寺泊・柏崎
スポット