今季初のまとまった水揚げとなり、金沢市中央卸売市場にずらりと並んだブリ

今季初のまとまった水揚げとなり、金沢市中央卸売市場にずらりと並んだブリ

石川県 特産

ブリの季節やって来た 県内市場、競り活気

北國新聞(2019年11月23日)

 石川県内でブリの水揚げが本格化した。22日、能登町宇出津港で今季最多の142本、七尾市庵漁港で212本が水揚げされた。
 金沢市中央卸売市場には宇出津から運ばれた約110本が並んだ。最重量は13・7キロで、1キロ1千~3500円で取引された。七尾市公設地方卸売市場では87本、県漁協能都支所では20本が競りに掛けられた。
 県水産総合センター(能登町)によると、今季のブリの水揚げ量は過去10年平均を240トンほど上回る854トンとなる見込み。昨季は698トン、不漁だった一昨年のシーズンは281トンだった。

石川県 ニュース