カーボロネロときゃろふくを使った料理を味わえるバイキング=11月19日、福井県福井市の市観光物産館「福福館」

カーボロネロときゃろふくを使った料理を味わえるバイキング=11月19日、福井県福井市の市観光物産館「福福館」

福井県 福井・永平寺 グルメ 特産

きゃろふく、カーボロネロ 特産化へPR販売

福井新聞(2019年11月23日)

 福井県福井市が特産化を進めるニンジン「きゃろふく」と、葉物野菜「カーボロネロ」のPR販売が11月19日、同市ハピリン内の市観光物産館「福福館」で始まった。25日までの期間中、お昼のバイキングで、この二つを使った料理も提供される。

 きゃろふくは市園芸センターが開発したオレンジと黄色のニンジンで、甘くて軟らかいのが特長。カーボロネロは青汁などに使われるケールの仲間だが苦みが少なく、ビタミンCやカルシウムを豊富に含んでいる。PRは市とJA福井市が合同で行っている。

 きゃろふくは1袋198円、カーボロネロは1束150円。午前11時~午後1時のバイキングでは、カーボロネロときゃろふくの「ヘルシー炒め」が味わえる。

福井・永平寺 ニュース