越前海岸水仙まつりへの来場を呼び掛ける水仙娘の朝井さん(前列左)ら=11月26日、福井新聞社

越前海岸水仙まつりへの来場を呼び掛ける水仙娘の朝井さん(前列左)ら=11月26日、福井新聞社

福井県 鯖江・武生・越前海岸 花・紅葉

かれんな水仙見て まつり12月開幕 福井・越前町

福井新聞(2019年11月27日)

 12月14日に開幕する第45回越前海岸水仙まつり(越前海岸観光協会連合会、福井新聞社主催)をPRする水仙娘の朝井凪さん(23)らが11月26日、福井新聞社を訪れ「水仙のかれんな姿を見てほしい」と来場を呼び掛けた。

 訪れたのは、朝井さんや同連合会の今村真美子会長ら9人。祭りは14、15日に福井県南越前町で開かれる「荒波フェスタ」で開幕。越前町では21、22日に「水仙・カニフェア」、福井市越廼地区では1月11、12日に「こしの水仙まつり」が開かれる。水仙娘が来場者に水仙を手渡す。

 同連合会によると、水仙の生育は上々。12月中旬から見頃となり、祭り期間中かれんな花を楽しめる。朝井さんは「越前海岸の冬の風物詩の水仙を多くの人に見てほしい。越前がにも堪能して」と話していた。イベントの問い合わせは同連合会=電話0778(37)1234。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース