キャンペーンで提供する「つけそば」をPRする店主たち=福井県大野市有明町

キャンペーンで提供する「つけそば」をPRする店主たち=福井県大野市有明町

福井県 勝山・大野 特産

大野の新そば、味わい多彩 7店舗がキャンペーン 福井

福井新聞(2019年12月3日)

 福井県大野在来そばの「新そばキャンペーン」が12月1日、福井県大野市内のそば店7店舗で始まった。昨年好評だった熱々のつけ汁に麺を絡める「つけそば」を今年も企画。つゆの代わりに大野の名水に浸してそばの風味を味わう「名水そば」もある。

 市がブランド化を進める大野在来そばは風味や粘りが強いことが特長。キャンペーンは、県麺類組合大野支部と市が連携して4年前から実施している。

 つけそばの汁は、カモ鍋せいろや豆乳みそ、まいたけとベーコン、けんちん風などさまざま。木下貴善支部長は「各店舗渾身(こんしん)のメニューをそろえた。つけそばはもちろん、在来新そばそのものの風味も楽しんでほしい」と話している。

 各店にはスタンプが設置され、3店舗分をカードに押印して応募すると、抽選で20人に市内の麺類組合加盟店で使える食事券千円分が当たる。スタンプカード、応募箱は各店に設置。キャンペーンにはうどん店1店舗も参加。期間は来年2月29日まで。

 【提供店】ゑびすや(有明町)お清水(泉町)梅林(月美町)いろは栄(春日)しもむら(新庄)福そば本店(元町)大野食堂(要町)真邑(中保、うどん店)

勝山・大野 ニュース