鹿教湯温泉で行われた氷灯ろう夢祈願。別所温泉の上田氷灯ろう夢まつりと連携する=2017年

鹿教湯温泉で行われた氷灯ろう夢祈願。別所温泉の上田氷灯ろう夢まつりと連携する=2017年

長野県 上田・小諸 祭り・催し

パラ象徴の光、北向観音に 長野や鹿教湯の催しと連携へ

信濃毎日新聞(2019年12月20日)

 上田市の別所温泉で来年2月7〜11日、北向観音や一帯をライトアップする「上田氷灯ろう夢まつり」が初めて開かれる。別所温泉は台風19号の影響で直後に多くの宿泊キャンセルに見舞われた。同時期に善光寺などをライトアップする長野市の「長野灯明まつり」(2月6〜11日)と連携。相互にPRして誘客を図り、客足の回復につなげる。

 灯明まつりの演出を手掛けてきた照明デザイナーの石井幹子(もとこ)さん(東京)が、上田市の上田城跡公園で開く「上田城千本桜まつり」の夜桜ライトアップも担当した経緯があり、「両市で連携した企画ができないか」と提案。上田市が、灯明まつりに関わる長野青年会議所(長野市)などと協議してきた。

 北向観音は、本堂が南向きの善光寺と向き合い、両方を参拝すると御利益が増す「両参り」をアピールしている。灯明まつりは善光寺などを五輪にちなむ5色で照らしており、2020年の東京五輪・パラリンピック開催を踏まえ、北向観音はパラを象徴する赤、青、緑色でライトアップする。

 上田市の鹿教湯温泉で12月26日から来年1月末まで開く恒例の「氷灯ろう夢祈願」も連携する。明かりをともした氷の灯籠で温泉地を幻想的に浮かび上がらせる催しで、この灯籠を別所温泉向けにも作り、温かみのある明かりで照らす。

 実行委員会に参加する別所温泉旅館組合の倉沢晴之介組合長は「善光寺と北向観音の縁に着目し、お寺を中心に新たな温泉地の魅力を発信していきたい」と話している。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット