新メニューの羽二重餅が入った水ようかんバーガー=福井県鯖江市の道の駅「西山公園」

新メニューの羽二重餅が入った水ようかんバーガー=福井県鯖江市の道の駅「西山公園」

福井県 鯖江・武生・越前海岸 グルメ 特産 スイーツ

新食感、水ようかんバーガー今年も 福井県鯖江市の道の駅「西山公園」

福井新聞(2019年12月21日)

 福井県鯖江市の道の駅「西山公園」は、冬の人気メニュー「水ようかんバーガー」の販売を今季も始めた。新たに羽二重餅を一緒に挟んだバーガーも登場し、地元を代表する銘菓のコラボが楽しめる。

 福井の冬の味覚、水ようかんをパンで挟んだ水ようかんバーガーは、県外からの観光客に福井名物を知ってもらおうと、4年前に同道の駅が開発した。例年、冬季限定で販売しており、11月で販売が終わる同道の駅の人気商品「吉川ナスバーガー」に代わる人気を集めている。

 マーガリンを塗ってカリッと焼き上げたパンに水ようかんときなこ、ホイップクリームを挟んだシンプルな構成。同市深江町の菓子店「清雲堂」の甘さ控えめな水ようかんとパンが好相性だ。新メニューは加えて羽二重餅が挟んであり、もちもちした食感を楽しめる。コーヒー味の水ようかんバーガーもある。

 伊藤努駅長は「バーガーを気に入ってもらい、さらに売店の水ようかんや羽二重餅も土産に買ってもらえたら」と話している。水ようかんバーガーとコーヒー味は税込み300円、羽二重餅入りは同350円。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース