西村さん(車内右)が運転するディーゼル機関車

西村さん(車内右)が運転するディーゼル機関車

富山県 黒部・宇奈月・新川 アウトドア・レジャー 鉄道

機関車運転を堪能 黒部峡谷鉄道で体験会

北日本新聞(2019年12月23日)

 黒部峡谷鉄道(黒部市黒部峡谷口)の機関車の運転体験会が21、22の両日、宇奈月駅で行われ、県外から訪れた鉄道ファンらが運転士気分を満喫した。来年3月22日まで、土、日曜と祝日に実施する。

 営業運転しない冬期にもトロッコ電車をアピールしようと2017年度から実施。参加者は旅客を運ぶ電気機関車ではなく、主に工事輸送で使うディーゼル機関車を運転し、駅構内に設けられた長さ約150メートルのコースを2往復する。

 初日の21日は、体験会の参加が5、6回目という京都市の自営業、西村智之(さとし)さん(55)が運転を体験。運転士から指導を受けてレバーを操作し、アクセルやブレーキを調整しながら機関車を動かした。「思い通り動かないのがいい。生き物のような癖があり、毎回課題が増える。また来ます」と話していた。

 体験会は10歳以上が対象で1日8人限定。参加費は1万円(宇奈月温泉宿泊者は7千円)。原則予約が必要で、空きがあれば当日も申し込める。28日~1月19日と2月11日は実施しない。予約は同鉄道企画広報係の運転体験会係、電話0765(62)1800。

黒部・宇奈月・新川 ニュース