女岩(中央奥)周辺に立ち上った気嵐 =25日午前6時40分ごろ、雨晴海岸

女岩(中央奥)周辺に立ち上った気嵐 =25日午前6時40分ごろ、雨晴海岸

富山県 高岡・氷見・射水 アウトドア・レジャー

年の瀬 黄金色 高岡 雨晴で気嵐

北日本新聞(2019年12月26日)

 25日の県内は放射冷却現象で朝方は冷え込み、高岡(伏木)で氷点下0.2度、氷見で同1.9度になるなど10観測地点のうち、7地点で氷点下、5地点で今季最低気温を記録した。高岡市の雨晴海岸では気嵐(けあらし)が見られた。

 気嵐は海面からの水蒸気が冷たい空気によって霧となり、煙のように見える現象。立山連峰の稜線(りょうせん)上の空が朝焼けに色づく頃、女岩(めいわ)周辺に気嵐が立ち上り、朝日が差すと黄金色に輝いた。

 26日は日本海に低気圧が発生し、次第に北陸地方に接近するため夕方から雨が降る見込み。予想最高気温は富山、高岡ともに13度と11月下旬並みを予想している。

高岡・氷見・射水 ニュース