朝陽さくらが描かれた台紙とポケットに入った桜形の乗車券(左)

朝陽さくらが描かれた台紙とポケットに入った桜形の乗車券(左)

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 長野市周辺 鉄道

朝陽さくら、合格祈念 長野電鉄、元日に乗車券発売

信濃毎日新聞(2019年12月27日)

 長野電鉄(長野市)は来年1月1日、同社のキャラクター「朝陽さくら」をデザインした受験生向けの「サクラサク祈念乗車券」を発売する。志望校の合格を象徴する言葉「サクラサク」とキャラクター名を掛け、「縁起を担いだ乗車券」(鉄道事業部)とPRしている。

 桜をかたどった乗車券は、鉄道愛好家に人気がある昔ながらの厚紙製で、定期入れに入る大きさ。受験当日にお守りとして持ち歩くことができ、付属の台紙に付いたポケットに入れて保管できる。

 1日朝の始発以降に、長野駅や朝陽駅(以上長野市)、須坂駅(須坂市)などで販売する。1枚610円(税込み)。朝陽さくらの名前の由来となった朝陽駅から桜沢駅(中野市)までの片道乗車券として使える。

 今回は朝陽さくらを描いた乗車券の第3弾で、千枚用意した。10月にはアルピコ交通(松本市)、上田電鉄(上田市)との連携で各社のキャラクターをあしらった乗車券を発売し、500枚がほぼ完売した。長野電鉄は「今後も折に触れてさくらちゃんが描かれた乗車券を販売する」としている。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース