福井県福井市足羽山公園遊園地で飼育されているハリネズミ(同遊園地提供)

福井県福井市足羽山公園遊園地で飼育されているハリネズミ(同遊園地提供)

福井県 福井・永平寺 その他

干支の動物知ってネ 4、5日足羽山遊園地で催し

福井新聞(2019年12月30日)

 福井県福井市足羽山公園遊園地は、飼育しているモルモット(テンジクネズミ)やカピバラ(オニテンジクネズミ)、ハリネズミにちなんだ「ネズミ年スペシャルイベント」を1月4、5日に開く。モルモットとの触れ合いや置物作りを楽しめる。

 モルモットの生態を学ぶ教室は4日に開催。飼育員から生態などの説明を受けた後、モルモットを膝の上に乗せたり、餌をやったりする。5日は足羽山で集めたドングリを使ってネズミやモルモット、カピバラの置物を作る。

 両イベントとも午前10~11時。定員は10組で先着順。同9時半から受け付ける。参加費は1人500円。両日午前9時半から先着50人に、ハリネズミの体から抜けた長さ1センチほどの針をプレゼントする。同公園事務所の寺本緑獣医師は「新年から干支(えと)の動物と触れ合うのは縁起がいい。動物たちに夢中になってほしい」と話している。問い合わせは同事務所=電話0776(34)1680。

福井・永平寺 ニュース