展示品に見入る来場者((C)藤子プロ)

展示品に見入る来場者((C)藤子プロ)

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

藤子・Fワールド楽しんで 高岡市美術館、正月休み特別開館

北日本新聞(2020年1月4日)

 高岡市美術館内の「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」が3日、正月休みに合わせて特別開館し、大勢の家族連れらが同市出身の漫画家の世界観を楽しんだ。

 藤子さんの生い立ちや初期の作品、愛用の道具などを紹介する常設展のほか、ドラえもん50周年記念「学年別ドラえもん展」では、小学館の学年別学習雑誌「小学一年生」などに掲載された作品が展示され、学年ごとにキャラクターや物語が書き分けられたことを伝える。来館者は展示品や解説に目を通し、漫画の世界を味わっていた。

 同ギャラリーは2015年12月にオープン。帰省や観光で同市を訪れた人に来館してもらおうと、17年から年始は3日に開館している。

高岡・氷見・射水 ニュース