福井県 勝山・大野 アウトドア・レジャー グルメ 特産 鉄道

えちぜん鉄道乗って「勝山年の市」へ 1月26日、福井県

福井新聞(2020年1月16日)

 えちぜん鉄道は1月26日、福井県勝山市の勝山年の市に合わせ恒例の現地ツアーを開く。年の市での買い物をはじめ、クラフト体験や地元食材を使った料理などを楽しんでもらう。20日まで参加者を募っている。

 午前8時5分福井発の電車が到着する同9時1分に勝山駅に集合。年の市会場に移動して自由行動となる。同11時には、はたや記念館ゆめおーれ勝山で干支にちなんだネズミの繭玉クラフト作りを体験する。花月楼では、サトイモのころ煮ともち米を材料にした「勝山ぼたもち」を作り、釜炊きのご飯や地元食材をふんだんに使った料理とともに味わってもらう。午後1時半には解散となる。

 参加者にはストラップがプレゼントされる。定員30人。希望者には北谷町に伝わる保存食「鯖(さば)の熟(な)れ鮨(ず)し」を予約販売する。参加費は3500円(サポーターズクラブ会員は2500円)。電車料金は別。勝山市内の移動はすべて徒歩になる。申し込みはえち鉄お客様相談室=フリーダイヤル(0120)840508。最終日の受け付けは午後5時半まで。

勝山・大野 ニュース