屋根の銅板をふき替える工事が進む仁王門

屋根の銅板をふき替える工事が進む仁王門

長野県 長野市周辺 その他

善光寺・仁王門の屋根、改修工事 銅板寄進で願い事

信濃毎日新聞(2020年1月18日)

 長野市の善光寺事務局は、再建から100年余を過ぎた仁王門の屋根の改修工事を進めている。屋根にふく銅板の寄進を呼び掛けており、寄進者が銅板に願い事を書き込むことができる。事務局は「周囲の人たちの支えと共に、仁王門を後世に伝えていきたい」としている。

 木造平屋で切り妻造りの仁王門は1918(大正7)年の再建。77(昭和52)年に屋根を瓦ぶきから銅板に変えて以来の改修となる。工事は昨年11月初旬に始まり、今年3月下旬に完成する予定。銅板の寄進は1枚2千円からで、予定の2千枚に達し次第終える。既に受け付けており、埼玉県の会社員野田力さん(47)は「多くのご縁を頂いている大切な場所。何か残すことができたら」と寄進した。

 仁王門は、彫刻家高村光雲(1852〜1934年)や弟子の米原雲海(1869〜1925年)が手掛けたとされる仁王像などを安置。松本市出身の彫刻家太田南海(1888〜1959年)も関わった。東京芸大大学院の研究室などの調査で、仁王像が、ほぼ像の重さだけで自立する珍しい構造であることが判明している。

 善光寺は仁王門や仁王像などの調査を進め、指定文化財化を目指す。25日には現地見学会を開く。申し込みが必要で、問い合わせは同寺事務局(電話026・234・3591)へ。

長野市周辺 ニュース