来場者と桜の小枝を交換する19年の福娘=福井県敦賀市の金崎宮

来場者と桜の小枝を交換する19年の福娘=福井県敦賀市の金崎宮

福井県 敦賀・若狭 花・紅葉

金崎宮の「花換え」巫女しよう 敦賀観光協会3人程度募る

福井新聞(2020年1月18日)

 福井県敦賀市の金崎宮で、巫女(みこ)役の「福娘」と桜の小枝を交換し良縁祈願や心願成就を願う「花換えまつり」が4月1~15日に開かれる。福娘を敦賀観光協会が2月21日まで募集している。

 明治時代に始まったと伝わる祭りで、金崎宮に花見に来た男女が「花換えましょう」と小枝を交換し、互いの思いを伝え合ったことが由来とされる。境内は約400本のソメイヨシノが咲く花見の名所で例年、県内外から約5万人が訪れる。

 福娘は、祭り期間中の午前9時半から午後4時半まで、来場者と小枝を交換するほか、花換神事に参加する。高校生を除く18歳以上の女性が対象で、募集人数は3人程度。事前研修があるため未経験者でも応募可能で、従事手当の支給もある。

 申し込みは氏名、生年月日、住所、連絡先、勤務先、自己PRを明記し、写真を添えて敦賀観光協会まで郵送(〒914-0063、敦賀市神楽町2丁目2の4)か観光協会ホームページ記載のメールで。書類審査し、結果は3月上旬に書面で知らせる。

 問い合わせは観光協会=電話0770(22)8167。

敦賀・若狭 ニュース