冬空に揚がる巨大紙風船=道の駅福光

冬空に揚がる巨大紙風船=道の駅福光

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し アウトドア・レジャー

巨大紙風船浮かぶ 南砺ふくみつ雪あかり祭り

北日本新聞(2020年2月9日)

 南砺ふくみつ雪あかり祭りは8日、南砺市中ノ江の道の駅福光一帯で始まり、巨大紙風船が冬の空を彩った。ことしは2018年9月の北海道地震で大きな被害を受けた北海道厚真(あつま)町の子どもたちが描いた作品も初めて飛ばされ、来場者が被災地への思いを深めた。9日まで。 

 巨大紙風船は高さ6メートル、幅3メートルの大きさで、今回は56基を用意。福光美術館で開催中の「なんと版画年賀状公募展」の入選作品など多彩な図柄が描かれている。

 祭りでは毎年、東日本大震災で被災した福島県南相馬市の中高生が手掛けた風船を飛ばしている。北海道厚真町の関係者が取り組みを知り、現地の小学生が制作することとなった。

 始めに同町の2小学校の児童による1基と、同市の4基が大空に浮かび上がった。会場近くの会社員、織田春枝さん(60)は「(紙風船を見て)元気が出た。被災地も元気になってほしい」と話した。飲食コーナーやステージ発表もにぎわった。

 催しは福光地域の各種団体でつくる実行委員会(澤田喜朗実行委員長)が毎年開き、21回目。北日本新聞社後援。

砺波・南砺・五箇山 ニュース