苗場プリンスホテル内のレストランがビュッフェ料理の中に設けた「ソイフードコーナー」=湯沢町三国

苗場プリンスホテル内のレストランがビュッフェ料理の中に設けた「ソイフードコーナー」=湯沢町三国

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 アウトドア・レジャー グルメ

まるで鶏肉 ソイフードいかが 湯沢・苗場プリンスホテル

新潟日報(2020年2月20日)

 宗教上の理由で肉を食べない人や菜食主義者らにも対応しようと、新潟県湯沢町三国の苗場プリンスホテルはレストラン「アゼリア」で、原料は大豆だが、見た目や味は鶏肉のような食材「ソイフード」を使った料理を提供している。

 ホテルに隣接する苗場スキー場では22、23の両日、アルペンスキーのワールドカップが開かれることから、観戦などで訪れる外国人にも対応したい考えだ。

 ソイフードを使ったメニューは、ミートソースパスタやグラタン、油揚げのあんかけなど7品。約60品のビュッフェ料理の中に、7品のうちの3品を並べた「ソイフードコーナー」を7日から設けている。

 ホテルの調理洋食担当スーパーバイザー、菅沢章さん(50)は「お客さんに興味を持ってもらっていると思う」と手応えを感じている。「大豆は高タンパク、低カロリーなので、健康志向の人にも向いている。今後は品数を増やし、レストランのセールスポイントにしたい」と話す。

 ビュッフェ料理の提供は4月5日までの午後5時30分から8時まで。料金は中学生以上5千円(税込み)、小学生3千円(同)。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース

越後湯沢・魚沼・奥只見
イベント

越後湯沢・魚沼・奥只見
スポット