開業した農家民宿=穴水町岩車

開業した農家民宿=穴水町岩車

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 輪島・珠洲・能登金剛 アウトドア・レジャー

古民家で里山里海満喫 穴水・岩車、農家民宿開業

北國新聞(2020年2月21日)

 穴水町岩車地区の区長を務める新田信明さん(67)が20日、自宅横の築90年の古民家を利用し、民宿を開業した。町内の農家民宿は9軒目で、同地区では初めて。約5千平方メートルの広大な敷地を生かし、農作業やカヌー体験など里山里海の魅力を満喫できるのが特徴で、新田さんは「地域の活力につなげたい」と意気込んでいる。
 かつての屋号「孫重郎(まごじろう)」と名付けた民宿は、趣のある囲炉裏を残し、改修部分には焼きスギの腰板やヒノキをの柱を使用した。
 岩車漁港のすぐ近くで、磯釣りや船釣りを気軽に楽しめるほか、手作りの木製シーカヤック(全長約4・8メートル)4艇を備え、船揚場から穴水湾に漕ぎ出すことができる。海側の納屋にはバーベキューコーナーを設けた。畑では野菜の収穫や栽培、野良仕事が体験できる。山間部では、山菜採りや間伐材のまき割りも楽しめる。
 素泊まりのみで1人5千円(税別)。台所は自由に使え、カキやナマコ、モズクなどの海産物や野菜などは地元の農漁業者から購入できるようにした。持ち込みも可能。
 20日は玄関に掲げた看板を除幕し、町外からの招待客3人を迎え入れた。新田さんは「人口減少と高齢化が進む地元を少しでも盛り上げていきたい」と話した。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット