力強い演奏でフィナーレを飾る「はくさん和太鼓響友会」=白山市鶴来総合文化会館クレイン

力強い演奏でフィナーレを飾る「はくさん和太鼓響友会」=白山市鶴来総合文化会館クレイン

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し

ふるさとの音つなぐ 鶴来で「石川の太鼓」

北國新聞(2020年2月24日)

 第29回石川の太鼓(公益社団法人石川県太鼓連盟主催、北國新聞社共催)は23日、白山市鶴来総合文化会館クレインで開催され、北陸三県14団体のジュニアと一般の約200人が「ふるさとの太鼓・明日への太鼓」をテーマに、渾身(こんしん)のばちを振るった。出演者は各地に息づく和太鼓文化を次世代へ受け継ぐ心意気を示した。
 志賀疾風(はやて)太鼓保存会(志賀町)が開幕を飾り、昨年の北國風雪賞を受けた髙野靖博さんらが円熟のばちさばきを見せた。
 1部は3月の日本太鼓ジュニアコンクールに各県代表として出場する手取亢(こう)龍(りゅう)若鮎(わかあゆ)組(川北町)、輪島・和太鼓虎之介(輪島市)、八ツ杉太鼓遊心(越前市)が、躍動感あふれるステージで観衆を引き付けた。チビッ子九谷太鼓(能美市)や輪島高洲太鼓(輪島市)も次代を担う実力を示した。
 石川の太鼓が白山市で開かれるのは3年ぶり。2部では地元鳥越地域の城山太鼓保存会が一向宗門徒にふんし、村一番の美女を奪い合う「嫁取合戦太鼓」をユーモラスに演じ、市内の女性4人ユニット・和太鼓つばきも力強い演奏で来場者を魅了した。
 砺波市から特別出演した水舞流越中八幡太鼓保存会のほか、冨来神幸(とぎみゆき)太鼓(志賀町)、住吉神社御神事太鼓保存会(輪島市)、大場潟乃太鼓(金沢市)、辰巳こんころ太鼓保存会(同)も、神楽や民謡、虫送りなどを題材に多彩な音色を響かせた。最後は白山市内7団体でつくる、はくさん和太鼓響友会(きょうゆうかい)の有志が熱のこもった「新松任ばやし」で伝統継承の気概を示し、喝采を浴びた。
 石川県太鼓連盟の米田直樹会長や山田憲昭白山市長、同連盟顧問の宮本周司経済産業政務官らが順にあいさつした。

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット