大正時代建築の旧商店で宿泊業を始める石川さん

大正時代建築の旧商店で宿泊業を始める石川さん

長野県 上田・小諸 その他

宿泊できる旧商店、売りは座敷牢? 小諸の協力隊員が本格営業へ

信濃毎日新聞(2020年2月28日)

 小諸市の石川実さん(44)=横浜市出身=が今春、小諸市荒町に所有する旧山崎長兵衛商店の建物(通称・荒町ゲート)で、宿泊業を本格的に始める。3月に地域おこし協力隊の任期が満了。商店だった当時に使われていた部屋を「座敷牢(ろう)」に見立ててPRし、若年層や訪日旅行客の需要を取り込みたいという。

 建物は大正時代の建築で、雑貨などの卸問屋だった。取り壊される予定だった2017年、大正モダンの意匠に一目ぼれした石川さんが購入。鉄格子の戸などで囲まれた物々しい部屋があり、旧当主が財産や身を守るために使っていたと伝わる。

 将来は飲食店や体験工房、ギャラリーなどを備えた施設にする計画という荒町ゲートのうち、宿泊施設は「開魂楼(かいこんろう) 時の門」と命名。「座敷牢に自ら閉じこもり、日常を忘れて心を解放できるように」との思いを込めた。客室は和室の4部屋。定員は計15人。食事は提供せず、近隣の飲食店を案内する。

 石川さんは1月、地元の飲食店主と任意団体「まち未来夢現舎(むげんしゃ)」を設立。「まちなかちぃたうんプロジェクト」と銘打ち、旧北国街道沿いの荒町や与良町などの活性化に取り組む。与良町でゲストハウスを計画する古民家や荒町ゲートを活性化の拠点とする。

 石川さんは地域おこし協力隊として、昨夏に同市市町で開業した旧脇本陣の宿泊施設「粂(くめ)屋」の立ち上げに関わってきた。「思い描いてきた地域おこしは道半ば。荒町ゲートを拠点に、街なかを歩く人や旅行客らの消費を増やしたい」と話している。問い合わせは石川さん(電話090・4003・9997)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット