除雪され雪原に曲線を描く七曲付近の高原バス道路=12日午前10時35分ごろ、本社チャーターヘリから

除雪され雪原に曲線を描く七曲付近の高原バス道路=12日午前10時35分ごろ、本社チャーターヘリから

富山県 立山黒部アルペンルート アウトドア・レジャー

雪原に曲線くっきり 立山黒部アルペンルートで除雪急ピッチ

北日本新聞(2020年3月13日)

 立山黒部アルペンルートは4月15日の全線開通に向け、高原バス道路の除雪が急ピッチで進んでいる。快晴となった12日は、カーブが連続する七曲(ななまがり)(標高1680メートル)で雪原に曲線がくっきりと描かれていた。

 除雪区間は美女平(同977メートル)-室堂(同2450メートル)の約23キロ。現在は弥陀ケ原(同1930メートル)まで2車線分の除雪が進んでいる。9日時点での室堂の積雪量は6・7メートルで、昨年同時期より1・2メートル多い。立山黒部貫光は新型コロナウイルス感染拡大を受けて「大変な時期だが、訪れる人々に安心して楽しんでもらえるように準備を進めている」とした。

立山黒部アルペンルート ニュース

立山黒部アルペンルート
イベント

立山黒部アルペンルート
スポット