昨年12月にリンゴの収穫を体験するオーナー

昨年12月にリンゴの収穫を体験するオーナー

富山県 黒部・宇奈月・新川 特産

特産のリンゴの木 オーナー募集 魚津商議所女性会

北日本新聞(2020年3月14日)

 魚津商工会議所女性会(河内美穂会長)は13日、今年の「りんごの木オーナー」の募集を始めた。樹齢25年ほどの木25本のオーナーを県内外から募る。

 市の特産「加積りんご」の魅力を通じて多くの人に魚津を訪れてもらい、地域活性化につなげようと企画した。今年で3年目。同市立石のりんご園で行い、伊東りんご園の伊東康彦さんが栽培と指導を担う。

 1本の木を3組で所有する「シェアオーナー」(1口=2万3千円)と、1本の木を1組で所有する「樹木まるごとオーナー」(3口=6万6千円)がある。保障収穫量は1口30キロで、収穫量が30キロを下回った場合、果実20キロと不足重量分のリンゴジュース(1キロにつき1本)を贈る。4月25日に開園式を行い、5月23日に摘果作業、12月12日に収穫を体験する。

 先着75口に達し次第締め切る。問い合わせは魚津商議所女性会事務局、電話0765(22)1200。

黒部・宇奈月・新川 ニュース