ピンク、赤など鮮やかな花を咲かせる五色ツバキ=3月23日、福井県小浜市金屋の萬徳寺

ピンク、赤など鮮やかな花を咲かせる五色ツバキ=3月23日、福井県小浜市金屋の萬徳寺

福井県 敦賀・若狭 花・紅葉

「五色ツバキ」はや見頃 福井県小浜・萬徳寺

福井新聞(2020年3月25日)

 国指定名勝の枯山水式庭園を持つ福井県小浜市金屋の萬徳寺で、五色ツバキが例年より早く見頃を迎えている。コケや木々の緑が広がる庭園に、赤やピンク、白色の花が彩りを添えている。

 五色ツバキは、庭園が造られた1677年ごろからあるとされる、庭園の中で最も古い木の一つ。高さ約3メートル50センチ、枝を広げた大きさは5メートルほど。1本の木から赤、白、ピンク、赤白の絞り模様など異なる色の花を咲かせる。

 田中名誉住職によると、今年は暖冬の影響で、例年よりも10日ほど早く、3月10日ごろから開花し始めた。今週中に満開となり、今月末まで見頃が続くという。

 田中名誉住職は「この時期しか見られない珍しい花を見て、心を和ませていただけたら」と話している。

敦賀・若狭 ニュース