松本城外堀沿いでほころび始めたソメイヨシノ=27日、松本市

松本城外堀沿いでほころび始めたソメイヨシノ=27日、松本市

長野県 松本・上高地・美ヶ原 花・紅葉 祭り・催し

ソメイヨシノ、弥生のほころび 松本城外堀沿い

信濃毎日新聞(2020年3月28日)

 松本市の国宝松本城外堀沿いの桜並木でソメイヨシノの花がほころび始めた。松本城管理事務所によると、標本木のつぼみも膨らんでおり、28日にも開花宣言できそう。3月中の開花は珍しく、昨年より10日ほど早くなりそうだ。

 一帯には桜が300本ほど植えられている。27日は雲が多く風が強かったが、訪れた人たちは、たくさんのつぼみに交じって咲く愛らしい花を見つけて春の訪れを感じていた。

 同市内では新型コロナウイルスの感染者が確認され、松本城では、25日に公開が再開されたばかりの天守がわずか1日で再閉鎖されるなど、観光にも影を落としている。

 開花宣言の3日後からは、8日間にわたって桜並木をライトアップする催しがある。同事務所主任の山下太一さん(39)は「感染に十分に注意して楽しんでほしい」と話していた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット