改訂したパンフレット「福井城を復元しよう」

改訂したパンフレット「福井城を復元しよう」

福井県 福井・永平寺 その他

福井城やぐらの再生訴え 福井の市民団体

福井新聞(2020年4月15日)

 市民団体「福井城の復元をすすめる会」は、活動を紹介するパンフレットを改訂した。福井県福井市の福井城址(し)西側に坤櫓(ひつじさるやぐら)と土塀を整備する必要性を訴える説明文を充実させ、これまでの復元事業などを紹介している。

 坤櫓は福井城本丸南西角、土塀は山里口御門につながる石垣の上にあったとされる。13年に策定された市の「県都デザイン戦略」には福井城跡公園の整備が盛り込まれており、4月からは県と市の検討チームで協議が始まった。

 パンフレットでは、福井城跡公園などの解説文を掲載。「坤櫓と土塀の再生」では、「土塀と坤櫓があれば、往時の福井城の姿がより鮮明に蘇(よみがえ)り、城跡公園のイメージがさらに強まってくる」と必要性を訴えている。

 このほか、これまで復元してきた御廊下橋や山里口御門などを写真付きで載せた。02年に発足したすすめる会の活動も記載した。

 A5判6ページ。5千部作製し市中心部の公民館に配布した。

福井・永平寺 ニュース