福井県 福井・永平寺 アウトドア・レジャー その他

「一乗谷あさくら水の駅」再開 明智光秀の観光冊子配置

福井新聞(2020年5月23日)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止などで3月下旬から休館していた福井県福井市の道の駅「一乗谷あさくら水の駅」が5月21日、営業を再開した。地酒の品ぞろえを増やし、越前焼や越前和紙の販売も開始。再開を待ちわびた市民らが買い物を楽しんだ。

 指定管理者の変更を機に販売品を拡充した。定休日もなくす。

 先ごろNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の越前編が始まったことを受け、入り口付近にドラマのポスターを掲示し、明智光秀に関連する観光パンフレットを並べた。

 新型コロナウイルス感染対策として、除菌水噴霧器の設置や従業員のマスク、手袋の着用などをしている。営業時間は午前10時~午後5時とし、店内飲食や体験農園は当面中止する。

 この日の午前は約70人が来場。福井市の60代主婦は「越前焼などが店頭に並び、福井の特色が出ていて良いですね」と話していた。

 指定管理者のコーワ(福井市)の担当者(68)は「利用者が安心して利用できるよう、感染防止対策を万全に行い、お待ちしています」と話していた。

福井・永平寺 ニュース