高社山(左)や新緑の眺めが広がる竜王マウンテンパークの展望テラス。県内客限定でロープウエーの運行を始めた=23日

高社山(左)や新緑の眺めが広がる竜王マウンテンパークの展望テラス。県内客限定でロープウエーの運行を始めた=23日

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 アウトドア・レジャー

標高1770メートル、癒やしの眺望 山ノ内・竜王マウンテンパーク

信濃毎日新聞(2020年5月24日)

 山ノ内町の竜王マウンテンパークは23日、ロープウエーのグリーンシーズンの営業を始めた。新型コロナウイルスの感染リスクを抑えるため、当面は利用客を県民に限定。1便当たりの乗車人数を大幅に減らし、事前予約制で運行する。標高1770メートルの山頂駅近くにある展望テラス「ソラテラス」やカフェレストランでは、広々とした空間で利用客らが新緑の眺望を楽しんでいた。

 同パークは新型コロナの感染拡大で首都圏などに緊急事態宣言が発令された4月上旬から臨時休業。長野などで宣言が解除されたのを受け、営業再開を決めた。1台166人乗りのロープウエーの人数を5組20人までに制限。利用客の検温を行い、換気や消毒を徹底する。

 須坂市から家族5人で訪れた女子小学生(8)は「ロープウエーが楽しかった。景色がすごくきれい」。母親(34)も人数制限があることで安心して来られたといい「久々の外出なので、今まで以上に感動しますね」と眺望を満喫していた。

 パーク広報担当の西山曜己(ようこ)さん(29)は「制限は心苦しいが、安心して来ていただけるようにした。外出自粛での疲れをリフレッシュしてもらえたらうれしい」。予約はウェブサイトか電話(電話0269・33・6345)で受け付ける。山頂の滞在は約2時間とし、カフェは飲み物と軽食のみ提供する。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット