ハーモニーホールふくいのホームページ上に設けられた講座の画面

ハーモニーホールふくいのホームページ上に設けられた講座の画面

福井県 福井・永平寺 その他

ベートーベンを多角的に解説 福井県文化振興事業団がウェブ講座開始

福井新聞(2020年5月25日)

 ベートーベン生誕250年に合わせ、福井県文化振興事業団はこのほど、ハーモニーホールふくいのホームページで特設講座をスタートした。「ようこそベートーヴェン」と銘打ち、専門家のエッセーや動画を通して多彩な"小ネタ"を紹介する。

 特設講座は、楽聖ベートーベンの壮絶な生涯と多様な作品にまつわるエピソードを多角的に楽しんでもらおうと、エッセー、動画、コラム、Q&Aの4種類で構成。金曜に週替わりで順に更新する。執筆は、ヨーロッパ文化史研究家で、同ホールで公演ナビゲーターやイベント講師として出演歴がある横浜国立大の小宮正安教授が担当する。

 耳の病を抱えながら確立した作風や、よく知られる皇帝ナポレオンとのエピソードの考察など、楽聖の人となりや生きざまを知ることができる。当時の時代背景や社会の仕組みを押さえての紹介で、記念の年らしくグッズも紹介する。

 メモリアルイヤーに当たる本年度、同ホールではドイツ拠点の名門オーケストラの公演やサロンなどの記念事業を予定していたが、コロナ禍で一部が中止や延期になった。同事業団では公演の有無にかかわらず、楽聖を知る機会にと開設準備を進めていた。閲覧は無料。12月まで更新を続ける。

福井・永平寺 ニュース