6月27日に全面開館する金沢21世紀美術館

6月27日に全面開館する金沢21世紀美術館

石川県 金沢市周辺 その他

金沢の21美 来月27日に全面再開へ

北國新聞(2020年5月28日)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時休館中の金沢21世紀美術館は27日、6月27日から全面開館すると発表した。設置者である金沢市によると、館内の無料ゾーンは先行オープンする方向で検討を進めており、感染防止策の準備が完了次第、一日も早い再開を目指す。開館後は入場者数を1千人までに制限するなど「3密」対策を徹底する。
 同美術館の休館は当初5月末までの予定だったが、再開後に開催される企画展の設営・準備に時間がかかるため、6月初めの再開を見送った。開館後は当面、午後10時の閉館時間を同7時(金土は同9時)に繰り上げる。
 1千人の入場制限は政府の方針を基に設定した。館全体の制限に加え、各展示スペースにも滞在人数の上限を設ける。人気スポット「スイミング・プール」の地下部分は閉鎖空間となるため入場を禁止する。
 館内の滞在人数を把握しやすくするため、計5カ所ある入り口は本多通り口、市役所口、地下駐車場口の3カ所に減らす。各所にサーモグラフィーを設置して来館者の体温をチェックし、発熱があるなど感染が疑われる場合は入館を断る。
 6月27日に始まる二つの企画展については、いずれも日時指定のウェブチケットを導入し、来場者の分散を図る。

 金沢市は27日、金沢21世紀美術館を除く文化施設や屋内外のスポーツ施設など臨時休館中の125施設について、6月1日から再開すると発表した。

金沢市周辺 ニュース

金沢市周辺
イベント

金沢市周辺
スポット