水上でボードの上に立ち、バランスを保ちながら進む参加者

水上でボードの上に立ち、バランスを保ちながら進む参加者

長野県 伊那路 アウトドア・レジャー

伊那の「アソビナ」1日開業 アウトドアスポーツを体験

信濃毎日新聞(2020年6月1日)

 パラグライダーやマウンテンバイクなどのアウトドアスポーツが体験できる伊那市の「ASOBINA(アソビナ)」が、6月1日にオープンする。当初は4月下旬の開業予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2回延期。31日は地元住民9人が参加し、大泉所ダム(南箕輪村)で、ボードに立ってパドルで水をかく「スタンドアップパドルボード」を楽しんだ。

 同市出身で、パラグライダーのアジア競技大会で優勝経験のある呉本圭樹さん(41)が昨年10月、「アウトドアスポーツの裾野を広げたい」と運営会社を設立。この日は途中で雨が降ったものの、参加者は「慣れたら(ボードに)立てて楽しかった」などと話していた。

 当面は屋外で受け付けをするなど感染対策をして営業する。呉本さんは「地元の人にもこんなに楽しい場所があることを知ってほしい」としている。予約制で、問い合わせはアソビナ(電話0265・98・0048)へ。

伊那路 ニュース