木製遊具やボルダリング用の壁を用意した「オタヤ子ども広場」=御旅屋セリオ

木製遊具やボルダリング用の壁を用意した「オタヤ子ども広場」=御旅屋セリオ

富山県 高岡・氷見・射水 アウトドア・レジャー その他

高岡・御旅屋セリオに子ども広場オープン

北日本新聞(2020年6月7日)

 県産材の木製遊具などを整備した「オタヤ子ども広場」が6日、高岡市御旅屋町の御旅屋セリオ3階でオープンし、子どもたちが木のぬくもりを感じながら元気いっぱいに体を動かした。

 約500平方メートルのスペースに、家やトンネルなどをイメージした木製遊具8種類と高さ約2・7メートルのボルダリング用の壁を設置した。

 この日は開館から親子連れが続々と訪れ、真新しい遊具で遊んだ。坂ノ下保育園の年中児、伊東瑞稀ちゃん(4)は「どれも楽しかった」と笑顔だった。新型コロナウイルス感染防止のため、利用者にマスクの着用と手指の消毒を呼び掛けた。

 広場は、今年1月の「日本海高岡なべ祭り」に合わせて設けたところ好評だったため、市が整備することにした。市や地元経済関係者らでつくる「オタヤ子ども広場実行委員会」(菅野克志委員長)が運営する。利用日時は土、日曜と祝日の午前10時~午後4時。料金は無料。

高岡・氷見・射水 ニュース