眺めの良いくろべ牧場まきばの風で歌う河村さん(右)とピアノの大坪さん(左)、バイオリンの富田さん

眺めの良いくろべ牧場まきばの風で歌う河村さん(右)とピアノの大坪さん(左)、バイオリンの富田さん

富山県 黒部・宇奈月・新川 その他

「糸」歌い地域つなぐ 黒部の実行委14日に音楽動画公開

北日本新聞(2020年6月13日)

 黒部市で開く交流イベント「KAYADO(かやどう)! フリー」の実行委員会は、地域の人が美しい風景やお気に入りの場所を背景に歌い奏でる音楽を自宅で楽しんでもらおうと、動画「街角音楽会-黒部をめぐる-」を作った。中島みゆきさんの「糸」を、市内外の12人が歌いつなぐ動画を通し、地域の魅力を再発見してもらう。14日午前10時から「KAYADO! フリー」のホームページや会員制交流サイト(SNS)で公開する。

 「KAYADO! フリー」は、パッシブタウン(黒部市三日市)のフリースペースで毎月第2日曜、自然や食、風土関連のワークショップやマルシェなどを開いている。今年から毎回「街角音楽会」という演奏会を開く予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止が続いている。

 動画制作は、仲間と集えず、人とのつながりを感じにくい中、音楽と映像で心を癒やしてもらい、イベントに関わる人たちの一体感を高めようと取り組んだ。

 街角音楽会の出演者や実行委員、マルシェ出店者ら10~60代の12人がお薦めの場所で「糸」を歌った。その様子を動画で投稿してもらい、それぞれの一部をつないだ。

 歌い出しなどを担当する音楽講師の河村はるみさん(黒部市)の動画は、今月上旬、見晴らしの良いくろべ牧場まきばの風で撮影。いずれも高校3年の大坪鈴さん(ピアノ、黒部市)と富田千穂さん(バイオリン、富山市)が伴奏した。

 石田浜や黒部川河川敷、松桜閣などでのピアノ演奏シーンも組み合わせた。ピアノは、デザイナーのシヲリさん(滑川市)がペイントした街角音楽会用の「つなぐ鍵盤」を使っている。

 実行委員の荻野弘文さん(64)は「黒部の自然の豊かさとともに、地域の元気やつながりを感じてもらえるといい」と話した。

黒部・宇奈月・新川 ニュース