地元食材を使ったレストランのお披露目会でメニューを解説する岡部さん(中央)

地元食材を使ったレストランのお披露目会でメニューを解説する岡部さん(中央)

長野県 木曽路 グルメ

南木曽の食材味わえる店がオープン

信濃毎日新聞(2020年6月21日)

 アウトドア観光を企画するMENEX(メネックス、南木曽町)は21日、南木曽町田立で運営する宿泊施設「Zenagi(ゼナギ)」の敷地に、近隣のジビエや山菜、無農薬栽培の野菜などを利用するレストラン「○△□(まるさんかくしかく)」を開業する。20日、地元の住民らを招いてお披露目会をし、コース料理を提供した。

 同社は昨年4月にゼナギを開業。地域の食材を使う3食と、渓谷や旧中山道で行う野外体験メニューを合わせ、1泊12万円で宿泊者を受け入れている。「泊まらないが食事はしたい」との声があり、レストランを設けた。

 この日は地元産米のリゾット、地元の養殖業者が育てたナマズ入りのコンソメスープなどを用意。岡部統行社長(42)が食材を説明した。レストランは7月末まで土日曜・祝日に営業し、8月以降は月、火曜定休。ゼナギは新型コロナウイルス対策で休業しており、7月22日に再開予定。

木曽路 ニュース