羽田便の利用客を見送るスタッフ=小松空港

羽田便の利用客を見送るスタッフ=小松空港

石川県 加賀・白山・小松 その他

小松空港 2社合同で羽田便乗客見送り

北國新聞(2020年6月22日)

 小松空港で勤務する日本航空と全日本空輸のスタッフは21日、初めて合同で羽田便の乗客を見送った。計19人が駐機場で横断幕を掲げ、笑顔で手を振った。
 新型コロナウイルスによる需要減少の中、利用客に感謝を伝えようと、羽田行きの日本航空186便と全日空758便で実施された。
 マスクやフェースシールドを着けたスタッフが駐機場に立ち、「こころをひとつにがんばりましょう! 乗ってくれてあんやと!」「あんしん あったか あかるい未来を翼にこめて ご搭乗ありがとうございました」などと記した幕を掲げた。
 日本航空小松空港所によると、165人乗りの186便は密集を避けるため、座席数を減らして112席で予約を受け付け、84人が利用した。
 小松空港発着の羽田便は両社合わせて通常の1日10往復体制から、現在は1日3往復となっている。

加賀・白山・小松 ニュース