川面にしま模様の航跡を描きながら庄川峡を進む遊覧船=南砺市利賀村下原

川面にしま模様の航跡を描きながら庄川峡を進む遊覧船=南砺市利賀村下原

富山県 砺波・南砺・五箇山 アウトドア・レジャー

遊覧船ゆったり 庄川峡

北日本新聞(2020年6月24日)

 23日の県内は晴れ間が広がった。新緑の山々に囲まれた南砺市の庄川峡では、庄川遊覧船が川面にしま模様の航跡を描きながら進んだ。

 小牧ダム(砺波市庄川町小牧)と大牧温泉(南砺市利賀村大牧)の間には長崎大橋と利賀大橋があり、赤い橋脚がエメラルドグリーンの川面と木々の新緑にアクセントを添えていた。

 遊覧船は新型コロナウイルスの影響で減便し、30日までは大牧温泉に利用の予約がある日のみ運航する。

砺波・南砺・五箇山 ニュース