アマビエや願い事が記された短冊を飾り付ける島崎館長(左)=小松市粟津町

アマビエや願い事が記された短冊を飾り付ける島崎館長(左)=小松市粟津町

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し

粟津七夕祭り アマビエ飾り、コロナ退散

北國新聞(2020年7月11日)

 小松市粟津町で10日、展示イベント「粟津アマビエ七夕祭り」(北國新聞社後援)が始まった。町内の飲食店など7カ所に、疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」や願い事を記した短冊が飾られ、来店客や道行く人の目を引いた。
 同町公民館の呼び掛けで、地元の粟津小児童や住民らが思い思いに描いた短冊約100枚が集まった。短冊はすだれに取り付けて飲食店やスーパーの店先などに8月10日まで展示する。
 新型コロナの影響で8月に開催予定だった粟津温泉最大の催し「おっしょべ祭り」が中止となる中、公民館が地域を活性化したいと、初めて企画した。期間中は粟津温泉総湯などにも短冊を置き、自由に書いてもらい追加で飾り付ける。
 粟津温泉街は1日から、くす玉や吹き流しなど七夕飾りで彩られている。島崎大輝館長(42)は「短冊を見に周遊することで、地域の交流や輪が広がってほしい」と期待した。

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット