コンパラを使ったソフトクリームとかき氷。奥は23日に開業する「恋渡屋」

コンパラを使ったソフトクリームとかき氷。奥は23日に開業する「恋渡屋」

長野県 上田・小諸 グルメ

爽やかな酸味 コンパラソフトクリームをどうぞ

信濃毎日新聞(2020年7月23日)

 青木村の道の駅「あおき」は23日、特産のコンパラ(ナツハゼの実)を使ったソフトクリームなどを販売する「東山道青木宿恋渡(こいど)屋」を敷地内に開業する。食事の提供は道の駅内の食堂だけだったが、立ち寄った観光客らが気軽に軽食などを楽しめる施設として新たに整備した。新型コロナウイルス対策を講じ、誘客に力を入れる。

 恋渡屋は木造平屋、約11平方メートル。むくのスギ材を使い、土壁を施すなど歴史感のあるたたずまいにした。事業費は1千万円余。

 爽やかな酸味のコンパラを使った商品は複数あり、ソフトクリームは1個税込み350円。人気商品で食堂で扱ってきたが、午後2時半閉店のため食べられない客もいた。そこで恋渡屋は平日午前10時~午後4時、土日祝日午前9時~午後5時に営業する。コンパラシロップを掛けたかき氷、練乳とコンパラソース入りのたい焼きも販売する。

 恋渡屋の由来は恋愛成就の御利益があるとされる村内の「恋渡神社」で、若い世代にもアピールする。道の駅を設置した青木村の北村政夫村長は「今後もサービスを拡充しながらお客を呼び込みたい」としている。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット