開通したサイクリングロードを自転車で走る人たち

開通したサイクリングロードを自転車で走る人たち

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

諏訪湖一周へ一部開通 自転車専用、諏訪市内1910メートルに

信濃毎日新聞(2020年7月30日)

 県が諏訪市の諏訪湖南岸で整備を進めてきた自転車専用の諏訪湖周サイクリングロードの一部区間(1090メートル)が29日、開通した。集まった自転車愛好者らが早速走り、乗り心地と諏訪湖の眺めを楽しんだ。

 諏訪市の武井田川と六斗川の区間を昨年9月から整備し、幅3メートルのサイクリングロードが完成した。昨年に初めて開通した820メートルとつながり、湖周のサイクリングロードは計1910メートルになった。

 県と岡谷市、諏訪市、下諏訪町は2023年度までに、湖周を1周する約16キロのサイクリングロードを完成させる予定。県は来年夏までに、今回の開通区間の北側の約1キロを新たに整備する。

 開通区間の走り心地を確かめた諏訪地方の市民グループ「諏訪湖八ケ岳自転車活用推進協議会」代表の小口良平さん(40)は「自動車のストレスがなく、諏訪湖が見られて良い。諏訪湖を1周する全区間の完成が楽しみ」と話していた。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット