美人画の秀作の展示を進める関係者=金沢21世紀美術館

美人画の秀作の展示を進める関係者=金沢21世紀美術館

石川県 金沢市周辺 祭り・催し

金沢21美「美人画展」 31日開幕

北國新聞(2020年7月31日)

 21美では30日、金沢市内の茶室「釣月(ちょうげつ)庵(あん)」庵主が所蔵する国内有数のコレクションから、黄金期を俯瞰(ふかん)する明治、大正、昭和の78点の展示が進められた。
 上村松園(うえむらしょうえん)、鏑木清方(かぶらききよかた)、伊東深水(しんすい)、竹久夢二ら美人画を代表する作家54人の屏(びょう)風(ぶ)や軸が春夏秋冬に分けて並んだ。金沢生まれの北野恒(つね)富(とみ)、紺谷光俊(こうしゅん)ら地元作家の名品も会場を彩った。監修の富山県水墨美術館の浅地豊前館長が立ち会った。
 入場料は、一般1200円、中高生800円、小学生600円。8月30日まで。

金沢市周辺 ニュース

金沢市周辺
イベント

金沢市周辺
スポット