源平火牛祭りで使う法被などが見られる会場入り口

源平火牛祭りで使う法被などが見られる会場入り口

富山県 富山・八尾 砺波・南砺・五箇山 その他

インド映画に"火牛の計" 「源平倶利伽羅合戦のよう」と話題

北日本新聞(2020年8月10日)

 インド映画「バーフバリ 王の凱旋」が14日まで、富山市総曲輪のミニシアターほとり座で上映されている。源平倶利伽羅合戦の奇襲「火牛の計」と同じように戦うシーンが出てくるとし、ツイッターで話題に。小矢部市は観光マップや源平火牛祭りで使う法被などを会場入り口に置き、合戦の舞台になった倶利伽羅峠をPRしている。

 「バーフバリ 王の凱旋」はインドで大ヒットし、日本でも人気。伝説の戦士の壮絶な愛と復讐(ふくしゅう)を描く。火牛の計と同じく、牛の角にたいまつを付けて敵を襲うシーンがある。

 1日の上映開始以降、NHKの大河ドラマ化を目指す「義仲・巴プロジェクト」のツイッターで、火牛の計に触れ「歴史ファンはぜひ見てほしい」などの書き込みが寄せられた。火牛の計を再現した、源平火牛祭りのレースに触れ「いつか出てみたい」とのメッセージもあった。

 小矢部市商工観光課は3日から、マップなどを会場に展示。課長補佐の船見幸広さんは、新型コロナウイルスの影響で火牛祭りは中止されたが「火牛の計や、倶利伽羅合戦で勝利した木曽義仲に関心を持ってもらい、来年は多くの人に来てほしい」と話している。

富山・八尾 ニュース